虹の彼方にめまいする
シンガーソングライター:ナカニシタカアキ。風に吹かれるばかりの毎日。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アルバム「風の吹くまま」/2005
ソロアルバム「風の吹くまま」を
ウサトリーヌレコードより発売。 風の吹くままジャケット
フォーク、フリーソウル。
ゆらめく風のようなアコースティックと
エレクトロのつづれおり。
通り過ぎてゆく日々を
一遍の歌としてすくいとる。

全11曲収録。
お問合せ:ナカニシタカアキ,
またはusatrene recordまで。
お気軽にどうぞ!
画像をクリックすると試聴ページに
ジャンプします。

ダウンロードサイト
Moocs>ムークスより
全曲ダウンロード可能! 風の吹くまま
アルバム販売店
*Mona Records@下北沢/tel:03-5787-3326/
fax:03-5787-3327
http://www.mona-records.com/

*ボブテイル@池ノ上 tel/fax:03-3467-6717 http://www.oyasumi-records.com/bobtail/

*disk UNION

*Dear Vegee@横浜市都筑区 tel/045-944-1073 http://cplus.e-commune.jp/5000163/

*High Line Records
tel:03-5432-7411,fax:03-5432-7412 http://www.highline.co.jp

*イケダ楽器店acoustic space @狛江/tel:03-3489-2583

*テンダーレコード@阿佐ヶ谷/tel&fax:03-5306-4551

*(有)まつや@奄美大島/tel:0997-72-0103, jonn@ezweb.ne.jp

*heaven's table@川口市
http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table/top_2.html
art space
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
サムシング・クール
サムシング・クール (JUGEMレビュー »)
ヴォイセズ・イン・ラテン
SPONSOR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ライヴ終了後の写真です。

 11/2ウーハでのライヴ終了後の記念撮影。

快く参加してくれた、さよならカンパニー。ピーフラン。そして斉藤哲夫さん。ありがとうございました!
そして、この企画をしてくれた、ウーハ店長、瀧川さんにも感謝です。JUGEMテーマ:音楽



暮らし | permalink | comments(0) | -

イメージは、マングローブ。

 奄美で購入したTシャツ。
泥染めが、好きなんですが、今回は、藍染で。
マングローブをイメージしたデザインなんだって。
なぜか、ひかれてしまう色合い。
奄美に行く時は、必ず寄るお店なんです。

さねんばな 奄美伝統工芸大島紬・泥染め・藍染めの創作工房

http://sanenbana.amamin.jp/e137784.html
暮らし | permalink | comments(0) | -

眠れないので、ラジオを聞く。

 眠れないので、ラジオを聞く。
NHKラジオで、ラジオ深夜便。
ちゃんと、DJしてるね。紹介してから曲をかける。
ピーナッツの特集である。デビューから解散までの代表曲の紹介。
歌がうまいなあ。リズム感が気持ちいい。バックのバンドもビックバンド風にジャズってる。大人な歌と演奏。
昭和30年代のほうが、ぜんぜん大人だな。
あれから、半世紀たってるのに、文化的には、子どもなのは、なぜなんだろう?
暮らし | permalink | comments(0) | -

4才のあお。はじめて自分で絵本を読みました。

 4才のあお。はじめて自分で絵本を読みました。
間違えながら、大きな声で、読んでます。
絵本との真剣勝負です。
顔を、まっかにして読んでます。
読み終えたら、満足そうに、にっこり笑いました。
暮らし | permalink | comments(0) | -

ブリキのおもちゃが、おもしろい。

 最近、映画も音楽も、おもしろくないので、何かないかなと。
子どもに、戻ったみたいに、ブリキのおもちゃで遊んでみる。
60年代、70年代の復刻ものですが、電池を入れて、動きます。
これが、なかなかすごい。
歩いたり、止まって、胴体だけ回ったり、ledが、ピカピカ点灯したり。
愛嬌があって、かわいいもんです。
昭和の金型が、基本です。
やはり、手仕事がすごいですね。日本って。
暮らし | permalink | comments(0) | -

夏休み。奄美大島。古仁屋。

 空と海と人と猫。みんな、ゆるい。 だれも、急がせないし、干渉しない。 名瀬から車で1時間ぐらい走ると古仁屋。 生活必需品くらいしか売っていない。 都内に比べたら、無いに等しいが、これでいいように思う。 暑くなったら、海にいって、サンゴや熱帯魚を見たり、貝を拾ったり。 浜辺に、子どもとお絵描きしたり、寝そべったり。 ヤドカリを追いかけたり。 人間に必要なことは、なにか、ヒントを与えてくれる。
暮らし | permalink | comments(0) | -

娘の卒園式。小学校編。

近頃、小学校も子供が少ないみたい。1年3組までしかない。
ちなみに、ぼくのときは、静岡の清水で6組まであった。
まあ、少ない方が、目がいきとどいていい気もする。どうなんだろう?
保育園の卒園式より、緊張度アップな娘。まあ、ういういしい。

式自体が、なんかゆるいというか、おごそかな感じがない。
先生にきびしい視線がなく、子供のスタンスまで降りてる感じだ。
先生は、もっと威厳があって、恐いぐらいがちょうどいい。
これを、アットホームというのか、ゆるいというのか。悩んでしまう。
自分の時は、もっとカチッとしてたと思うんだが。気のせいなのか?

まあ、順調に成長している我が子を見ていると、まだ安心だが、これからなんだろうね。大変なのは。
勉強は、そこそこで自分のやりたいことを伸ばしてやりたいと願うのである。
暮らし | permalink | comments(0) | -

花市@泉龍寺の巻。

20070407_302800.jpg
今日は、家族でふらふら花市。近所の狛江だから気分も楽である。
友達のトミヤマトモミさん(パン屋さん)。さーぼーさん(カレー屋さん)。が参加していたのだ。これは、いくしかない!ということで散歩がてら。
天然酵母パン、革小物、革靴、コーヒー、etcいろんな物つくりの人たちが集った花市。
大量生産でないあたたかさが作品に満ちている。そうだなー、スローライフ的イベント。
それぞれの作品から、作ったひとの気持ちが伝わってくる。
やっぱり、伝わらないとねー。みんななんか、にこにこ。楽しそうである。
暮らし | permalink | comments(4) | -

SASA MEETS HEAVEN'S TABLEの巻。

SASA MEETS HEAVEN'S TABLE


いちごの酵母パン
トマトの冷製スープ
マーマレード
サラダ
小エビ入りマッシュポテト

3/11に狛江市にある茶茶(ささ)というcafeに行ってきました。
友人の奥さんがやってる川口市のheaven's tableという
パン屋さんとのコラボイベントです。
室内が間接照明のため写真の写りがイマイチですが
とーーーってもおいしかった!のです。
いちごの酵母で作ったパン、というのも珍しい。
外はカリカリといしているのに中はふわっふわ。
生協で毎週頼んでいる酵母パンとは全然ちがう...
おんなじ酵母パン、なのにねえ。
やっぱり愛情込めて育てた酵母で作ったパンだからでしょうか。
3日間のイベントで、他の日には
ゆずの酵母パン、トマトとハーブの酵母パン
とかあって食べ比べしてみたいなあ、と思いました。
残念ながら最終日の夕方に行ったのでパンも売り切れ。
しかも川口市にあるお店なので普段は行ける訳もなく(涙)。
でも4/7&8にまた狛江市で開催されるイベントに参加する
とのことなのでその時にちょっと食べ比べしたい!と思ってます。

パンに併せて作った茶茶さんのお料理も美味!でした。
暮らし | permalink | comments(0) | -

生田緑地でお祭りの巻。

今日は、娘と2人で、お祭りに参加。
生田緑地で、フリマ、吹奏楽、和太鼓、人形劇、ヒーローもの、トランポリン、焼きそば、etc.
参加無料というのもポイント高し。
娘の目当ては、ヒーローものの、激レンジャーなのだ。
おんなのこなのに、ヒーローものが最近いいらしい。
始まる前からわくわくしている。テーマソングが始まるやいなや立ち上がって声援である。
うーん。いい反応。僕のライブもこんなだったら、、、、。と何げに思ったりする。
ふと、ステージの横を見ると、ミキサーと声優さんが、がんばっている。す、すごい一人3役!!40半ばとお見受けする。コスト削減である。
悪役の怪人&正義の味方激レンジャーレッド&激レンジャーブルーの声色を変えている。                     しかも無表情。しかし、たまに感情が入るらしく中腰の体勢になったりする。
その瞬間が、とても愛おしく感じられたのである。
なぜか、ほっとした昼下がりであった。
暮らし | permalink | comments(0) | -