虹の彼方にめまいする
シンガーソングライター:ナカニシタカアキ。風に吹かれるばかりの毎日。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アルバム「風の吹くまま」/2005
ソロアルバム「風の吹くまま」を
ウサトリーヌレコードより発売。 風の吹くままジャケット
フォーク、フリーソウル。
ゆらめく風のようなアコースティックと
エレクトロのつづれおり。
通り過ぎてゆく日々を
一遍の歌としてすくいとる。

全11曲収録。
お問合せ:ナカニシタカアキ,
またはusatrene recordまで。
お気軽にどうぞ!
画像をクリックすると試聴ページに
ジャンプします。

ダウンロードサイト
Moocs>ムークスより
全曲ダウンロード可能! 風の吹くまま
アルバム販売店
*Mona Records@下北沢/tel:03-5787-3326/
fax:03-5787-3327
http://www.mona-records.com/

*ボブテイル@池ノ上 tel/fax:03-3467-6717 http://www.oyasumi-records.com/bobtail/

*disk UNION

*Dear Vegee@横浜市都筑区 tel/045-944-1073 http://cplus.e-commune.jp/5000163/

*High Line Records
tel:03-5432-7411,fax:03-5432-7412 http://www.highline.co.jp

*イケダ楽器店acoustic space @狛江/tel:03-3489-2583

*テンダーレコード@阿佐ヶ谷/tel&fax:03-5306-4551

*(有)まつや@奄美大島/tel:0997-72-0103, jonn@ezweb.ne.jp

*heaven's table@川口市
http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table/top_2.html
art space
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
サムシング・クール
サムシング・クール (JUGEMレビュー »)
ヴォイセズ・イン・ラテン
SPONSOR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< バシュティーバニヤン@恵比寿リキッドルームの巻。 | main | カレーを通して国際交流の巻。 >>

jo mango&gareth dickson live. @代官山の巻。



ちなみに写真は、僕とガレスです。

ヴァシュティーバニヤンのサポートが好印象だった2人。
ヴァシュティーバニヤンのライヴの翌日、代官山でギグでした。
タイバンのtrico!(良原リエ)&山口ともが先に演奏。
意表をついたアプローチに耳が喜ぶ、ロバートワイアットのような
心地よさがあった。ジャンルなどいらない。
10分ぐらいの休憩後、いよいよjo mango、ヴァシュティーのギグ
でも披露したアンビエント的なアプローチのフォークからスタート。
他の曲は意外に普通。エディーリーダーのニュアンスが強いかな。
素晴らしいステージです。途中またまた、gareth dickson登場!じつは彼を見たかったのでした。
かれは、まさに、ニックドレイクチルドレン!2曲のみの演奏ですが、手応え充分。もう僕のハートは釘ずけです。
ピンスポットのみの照明に1人、会場はgareth dickson一色。
アットホームなjo mangoのステージが一転、荒廃した近代の枯れ野が広がるばかりでした。
終演後、garethに聞くとやはり、大のニックドレイク好き。
2人でどのアルバムがいいか、同時に言ったのが「ピンクムーン」
固い握手をしたのでした。
ライブに行く | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする